リンゴの里

漫画、アニメ、映画等の感想blogです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイスコア


ピプポーアニメ化やでろでろ再販などなにかと最近見かける
押切蓮介の漫画です。

舞台は1991年のゲームセンター。主人公であるゲームおたくのハルオが同じクラスの
大野をゲーセンでみかける所から始まります。典型的なボーイミーツガール物なんですが、
舞台が格ゲー全盛期のゲーセンという変わり種。ヤンキー、おたく入り乱れるそんな時代。
独特の押切節がくせになる一冊です。

正直この時代のゲーセンを私は知りませんが、そんなこと気にせずによめます。でも、
多分知ってたらもっと面白いんだろうなという小ネタが多いです。

そしてなにより押切蓮介は絵が上手くないのに女の子がかわいんだよー。大野さんが
かわいくてたまらない。でも後からでてくる小春もかわいい。両方応援したいが確実に
ハルオとくっつくのは大野さんなんだよな。ああ小春にも幸せになって欲しい。
など考えながら読んでます。

そういや押切蓮介は化物語2ndシーズンのエンドカードも書いてましたね。まよいちゃん。
なにか妖艶な雰囲気になってましたね。

ゲームが好きならおすすめの一冊。そうじゃなくてもはまる人ははまるんだろう本です。

でも押切蓮介の他作品は闇が深い物も多いので注意です。心がやられます(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://rinogonosato.blog.fc2.com/tb.php/63-91b03ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。