リンゴの里

漫画、アニメ、映画等の感想blogです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年は色んな妖怪漫画がありますね。うしおととら、夏目友人帳、百鬼夜行抄。
あげればきりがありません。しかし、妖怪と言えば水木しげる大先生に他なら
ないでしょう。元祖ですよ。水木しげるが作り出したと言われる妖怪すら数多く。

そんな水木しげるが東海道五十三次をモチーフに妖怪道五十三次なるものを2年
かけ作り上げた作品展に行ってきました。たとえばですよ

うたがわ
歌川広重の東海道五十三次 日本橋

これが

みずき
水木しげるの妖怪道五十三次 日本橋

となる訳です。場内撮影禁止だったため本を写真に撮ってるので
画像が荒いのはすいません。。。

いやー、面白かったですよ。ちょっとした所まで妖怪が書き込まれていて。
これだけの連作を2年で仕上げたのもすごいです。これを版画にする為に
彫った彫り師さんもすごいです。

記念にポストカード買ったものの欲しい物は売り切れてました。やはりみんな
同じですね。がしゃどくろ欲しかったなあ。あと京都も。


興味がある方は『鬼太郎と行く妖怪道五十三次』という本として出版されてますので
amazonなんかでポチってみてください。原画と水木版の比較がされてて面白いですよ♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://rinogonosato.blog.fc2.com/tb.php/51-c4660891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。