リンゴの里

漫画、アニメ、映画等の感想blogです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新刊がいよいよ発売されましたね。前半部分はいじめ話の回収でした。
ひなちゃんが元気になってよかったよ〜。
零ちゃんとひなちゃんは色恋とかは飛び越えて家族なんですね。
今後この関係は変わってくるのかな。
零ちゃんがすごくたよりになった。今までみたいに空回りではなく
しっかりサポートしてあげてた。大人になったのう。

で、8巻と同じく後半にきましたよ熱い展開。家族のほんわか巻とい
思ったら、努力の人土橋さん。努力に努力を重ねて宗谷名人に勝つために
なにもかもを削ぎ落としてると思いきや最後、家族との会話で救われました。

あと、なにげに宗谷名人と土橋九段の関係もいいですよね。虫のところとか、
将棋の深さに顔を見合わせて笑っちゃたところとか。
零ちゃんと二階堂もあんなふうになっていくんですかねえ。

で、ですね。土橋さんもいいんですよ。でも、でも島田8段の「自分のことを
努力家だと思って今までやってきましたが土橋九段の棋譜を見ていたら自分の
努力なんて自己満足の範疇だったのでは」の言葉にしびれました。もちろん
土橋さんの努力はすごいですよ。でもそれをみてこれを言える島田さん
かっこよすぎるだろと。今まで胃に穴があくほどに努力してきた人がこれを
言っちゃうんですよ。素直に言える島田八段かっこよすぎる。ただ、私が島田
八段をすきなだけかもしれませんが。

今回は帯の通り家族の第九巻でしたね。そして再生の巻でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://rinogonosato.blog.fc2.com/tb.php/33-73862bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。