リンゴの里

漫画、アニメ、映画等の感想blogです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
延久達が三年になって、いよいよラストが近づいてきて
物語が大きく動き出す巻ですね。わかってても延久とひなこの
件は胸が苦しくなりました。やっぱり大きな才能を持ってても
高校生です。頑張る理由を好きな人に求めてしまうんですよ。
でもそばにいたいのならば『モチベーションをひとに押し付けるな』
となるんですね。

留宇位も当初から抱えていた、テニスをする意味を見失う問題に
とうとう直面してしまいました。延久も留宇位もテニスをすることを
禁じられて、県大会の出場は断念。二人とも今からが正念場。

インターハイで活躍する為に苦しい試練に打ち当たる、つらいけど
大事な巻です。

ラストまで読んでるのに新装版が発売されてから毎月楽しみにしてしまいます。
うーん、あと四巻か。楽しみだけど寂しい気もする。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://rinogonosato.blog.fc2.com/tb.php/25-ff698b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。