リンゴの里

漫画、アニメ、映画等の感想blogです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひとりさま

谷川史子のSS漫画です。おひとり様と言われるいわゆる独り身の女性を
題材にしております。いやー、短いだけあって出るのが遅いのですよ。
五巻が先日出ましたが全巻から約二年ぶりとなっております。

谷川史子の漫画はほんわかしていて安心して読めるのが良いです。
りぼんで連載していた頃から読み続けております。おひとり様物語も
一人で生きていってる女性が強がるでもなく、逞しくでも少し寂しげに
描かれているのが良いです。この描写が本当うまいんですよ。谷川節と
いうか、嫌みがなくゆるゆると描かれているのですね。

でも今回の五巻のバラの話は?だったなあ。ネタバレになるんですけど、
誕生日にバラの花をプレゼントされたと思ったら「別れよう」とな。しかも
なんか良い話風味になってるし。ただ喜ばせたかっただけとかわけがわからん。

って、こんな風な話ばっかりではないですよ。むしろこの話が特殊なんです。

他の話は、寂しいからと別れずにいたけど朝日を見て心があらわれて独りで
頑張っていこうと決心する女性や、切ない片思いの話などでした。

さらっと読みやすく一話も短め。谷川好きにはたまらない一冊。
スポンサーサイト
私は

主人公は感情がすぐ顔に出てしまうため秘密を守れません。
そんなある日憧れている白神さんの秘密を知ってしまいます。
吸血鬼という秘密を。これがばれたら白神さんは学校を退学せねばならなく
一緒に秘密を守る約束を主人公はします。

そんな所から物語ははじまり、宇宙人だの悪魔だの、痴女な狼男(意味がわからない)
などなどバラエティにあふれるキャラにかこまれ学校生活を送るラブコメです。

白神さんの関西弁がいいんですよーー。かわいい。キャラもかわいい。
主人公の朝陽に負けないくらい感情だだ漏れだしでも優しいし、でも鈍感。
なんだこのフルスペックは!!

でも他の娘も負けず劣らず可愛いんですよ。それに惚れられるとは朝陽は
うらやましい限りですね。

白神さんが鈍感なので(自分の気持ちにも)なかなか二人距離は縮まりませんが
確実に近づいていっている。胸キュンです。6巻も出たことだし目が離せないです。
GWでしたねー。艦これしつつ私は北海道旅行へ。。。。
そしたらなんと、デパートまるいいまいで海洋堂展をやっているではないですか!!
もちろん見てきました。チョコエッグの景品から大展示物まで。美しい。

等身大の女神様達。
女神
連載終了記念でとってきました。

あとはエヴァとか。

見応えありましたよ〜。観光だけのつもりがいつものようになっているううう。

テンションあがって、リボルテックジャック(ナイトメアビフォアクリスマス)と
ミニダンボー買っちゃいました。やばい。もやしもんを皮切りに人形が増えてきた……。

部屋の整理が必要ですう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。