リンゴの里

漫画、アニメ、映画等の感想blogです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひとりさま

谷川史子のSS漫画です。おひとり様と言われるいわゆる独り身の女性を
題材にしております。いやー、短いだけあって出るのが遅いのですよ。
五巻が先日出ましたが全巻から約二年ぶりとなっております。

谷川史子の漫画はほんわかしていて安心して読めるのが良いです。
りぼんで連載していた頃から読み続けております。おひとり様物語も
一人で生きていってる女性が強がるでもなく、逞しくでも少し寂しげに
描かれているのが良いです。この描写が本当うまいんですよ。谷川節と
いうか、嫌みがなくゆるゆると描かれているのですね。

でも今回の五巻のバラの話は?だったなあ。ネタバレになるんですけど、
誕生日にバラの花をプレゼントされたと思ったら「別れよう」とな。しかも
なんか良い話風味になってるし。ただ喜ばせたかっただけとかわけがわからん。

って、こんな風な話ばっかりではないですよ。むしろこの話が特殊なんです。

他の話は、寂しいからと別れずにいたけど朝日を見て心があらわれて独りで
頑張っていこうと決心する女性や、切ない片思いの話などでした。

さらっと読みやすく一話も短め。谷川好きにはたまらない一冊。
スポンサーサイト
私は

主人公は感情がすぐ顔に出てしまうため秘密を守れません。
そんなある日憧れている白神さんの秘密を知ってしまいます。
吸血鬼という秘密を。これがばれたら白神さんは学校を退学せねばならなく
一緒に秘密を守る約束を主人公はします。

そんな所から物語ははじまり、宇宙人だの悪魔だの、痴女な狼男(意味がわからない)
などなどバラエティにあふれるキャラにかこまれ学校生活を送るラブコメです。

白神さんの関西弁がいいんですよーー。かわいい。キャラもかわいい。
主人公の朝陽に負けないくらい感情だだ漏れだしでも優しいし、でも鈍感。
なんだこのフルスペックは!!

でも他の娘も負けず劣らず可愛いんですよ。それに惚れられるとは朝陽は
うらやましい限りですね。

白神さんが鈍感なので(自分の気持ちにも)なかなか二人距離は縮まりませんが
確実に近づいていっている。胸キュンです。6巻も出たことだし目が離せないです。
GWでしたねー。艦これしつつ私は北海道旅行へ。。。。
そしたらなんと、デパートまるいいまいで海洋堂展をやっているではないですか!!
もちろん見てきました。チョコエッグの景品から大展示物まで。美しい。

等身大の女神様達。
女神
連載終了記念でとってきました。

あとはエヴァとか。

見応えありましたよ〜。観光だけのつもりがいつものようになっているううう。

テンションあがって、リボルテックジャック(ナイトメアビフォアクリスマス)と
ミニダンボー買っちゃいました。やばい。もやしもんを皮切りに人形が増えてきた……。

部屋の整理が必要ですう。
ついにやってきましたよー。春イベント。
艦これ初心者の私には初イベント♫

メンテ明けにいざ出陣!!あれズタボロだよー。資材とバケツの減りが早い。
攻略wikiなどをみてみる。「イベント前は貯蓄しましょう。」
貯蓄しましょう。
してねーよ。そんなあ。燃料とバケツがみるみる減って行く。ぜいぜい。

やっとサメワニ沖海戦を乗り越えてずんだ海峡へ。夜戦での大破率が高くて進めない。。
みんなキラキラしても4割大破。よわすぎるのか?これでも私の精鋭部隊。
レベルアベ50はあるのに。まだ低すぎるのかーーーーー。
でもなんとかボスに到達。削れないよー。赤城さんそっちじゃないの、ボスを攻撃してね。
雑魚を倒し切ってギリギリボスを少し削ること数回。なんとかゲージは半分。
燃料も6000きったぜ。ポートワインはあきらめるしかなさそうだな。。
せめて明石さんをこの手に!

がんばってます。アドバイスください!!!
ハイスコア


ピプポーアニメ化やでろでろ再販などなにかと最近見かける
押切蓮介の漫画です。

舞台は1991年のゲームセンター。主人公であるゲームおたくのハルオが同じクラスの
大野をゲーセンでみかける所から始まります。典型的なボーイミーツガール物なんですが、
舞台が格ゲー全盛期のゲーセンという変わり種。ヤンキー、おたく入り乱れるそんな時代。
独特の押切節がくせになる一冊です。

正直この時代のゲーセンを私は知りませんが、そんなこと気にせずによめます。でも、
多分知ってたらもっと面白いんだろうなという小ネタが多いです。

そしてなにより押切蓮介は絵が上手くないのに女の子がかわいんだよー。大野さんが
かわいくてたまらない。でも後からでてくる小春もかわいい。両方応援したいが確実に
ハルオとくっつくのは大野さんなんだよな。ああ小春にも幸せになって欲しい。
など考えながら読んでます。

そういや押切蓮介は化物語2ndシーズンのエンドカードも書いてましたね。まよいちゃん。
なにか妖艶な雰囲気になってましたね。

ゲームが好きならおすすめの一冊。そうじゃなくてもはまる人ははまるんだろう本です。

でも押切蓮介の他作品は闇が深い物も多いので注意です。心がやられます(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。